味麗豚の美味しさの証
2008食肉産業展・銘柄ポーク好感度コンテスト 優秀賞受賞!

「食肉産業展」はわが国唯一の食肉産業界の総合専門展示会で、年に一度東京ビッグサイトにて 開催されています。(2006年は大阪にて実施されました) 開催期間中には「銘柄ポーク好感度コンテスト」が行われます。このコンテストは見た目と試食に よりどの豚肉が最も好ましいか、おいしいかを参加した人達の人気投票にて決めるもので、この展 示会の人気イベントとなっています。「味麗豚」はこのコンテストにて、各年代からまんべんなく 支持を集め、見事最優秀賞を受賞。「味麗豚」のおいしさが多くの方に認められました。
味麗豚の特長
肉質は、脂に甘みがあり脂の香りが良く、肉はやわらかい食感でジューシーです。 獣臭がきわめて少なくアクが出にくいヘルシーポークです。 脂身が比較的苦手な女性など老若男女問わず幅広く支持されています。 さっぱりの中にも旨みがあり、素材の味を生かしたしゃぶしゃぶなどで味わうと 味麗豚の味が引き立ちます。
味麗豚は第三者機関株式会社クオリトレースにより、科学的根拠に基づいた 検査・分析を行い「付加価値」を証明してもらっています。
食品付加価値の証明サイト「おいしさ.com」>>
味麗豚の美味しさの秘密
飼 料
肉の美味しさを形成する仕上げ期に動物性飼料を一切与えず、良質な穀類と小麦を配合 した純植物性味麗豚専用飼料を給与しています。 カロリーを抑えたことで獣臭がなくあっさりとした軟らかい肉に仕上がります。 給与期間は肉質を考慮し、45日を目安にしています。
*飼料は豊橋飼料株式会社で委託製造しています。
海藻粉末・木酢液・ゼオライト
ノルウェー産の海藻「アスコフィルムノドサム」を精製した海藻粉末及び、特殊製法 による高純度木酢液、ゼオライトを飼料にブレンドしています。 海藻粉末は、臓器の健全化や栄養バランスを改善し、ゼオライトは家畜の体内で 有害物を吸着・排泄します。
ビタミンE
ビタミンEを一般飼料よりも強化し、抗酸化・ドリップロスの低減を鮮度保持効果を はかっています。ドリップロスの少ない豚肉はその軟らかさを保ち獣臭の発生を 抑えます。またビタミンEは老化防止・コルステロールの沈着の予防にも役立つ といわれてます。
乳酸発酵混合飼料 ピービオーツー
薬品を極力使わず、農水省の安全性試験にも合格した、フランス・パスツール研究所 生まれの善玉菌「ピービオーツー」を給与しています。 「ピービオーツー」は豚の腸内細菌叢を安定させ悪玉菌の定着を抑制し、豚の健康 を促進させ、豚本来の旨みと香りをひきだします。
天然鉱石トルマリン水
肉の美味しさに影響する豚の飲料には特殊な装置により作りだされるマイナスイオン水 「天然鉱石トルマリン水」を飲ませています。 トルマリンが作用した水は、多くのミネラルを含み舌ざわりも喉ごしもマイルドになり 浸透性が向上して胃からの吸収がよくなり、豚の健康を促進します。
母豚(三元豚LWD)
肉質の均一性を求め、母豚は静岡県浜松の春野種豚牧場よりに統一しています。 春野種豚牧場の母豚は遺伝的に抗病性に富んだ非常に飼いやすい種豚です。 生まれた肉豚は、キメが細かくジューシーでソフトな肉となります。
肉質検査
肉質の均一性を求め、母豚は静岡県浜松の春野種豚牧場よりに統一しています。 春野種豚牧場の母豚は遺伝的に抗病性に富んだ非常に飼いやすい種豚です。 生まれた肉豚は、キメが細かくジューシーでソフトな肉となります。
衛生検査
特定の獣医師による定期的な衛生検査を行っています。
飼育環境
快適な環境づくりに努め、低ストレスで健康な豚の育成を心がけています。
生産者会議
定期的に生産者会議・勉強会を行い、味麗豚の品質の向上の為の意思決定 情報交換を行っています。
商標登録